形成・整形外科美容外科レーザー脱毛レーザーMen's
B型・K型・X型針治療針治療

汗腺のみを凝固する特殊な針を使った治療法で、切開しないのでキズが残らないメリットがあります。

エクリン汗とアポクリン汗

エクリン汗は夏に限らず、年間を通じて緊張したときなどに、手の平やワキに、水のようにサラサラとした透明な汗で、ワキの皮フの比較的、浅いところのエクリン腺より分泌します。
寒い季節でも、ワキの汗で下着がシットリぬれる方は、エクリン汗が主な原因です。
エクリン汗は、臭いはありません。

アポクリン汗は、激しい運動をした時や、季節的には春~夏の暑い季節にワキに出る汗です。
アポクリン腺は、毛穴から分泌物を出しこれが空気に触れると毛穴にかくれ潜んでいた細菌と反応して、嫌な臭いの物質を作ります。
エクリン腺という汗腺から出る汗がまわりに広げ、 これが嫌なにおいの原因です。

エクリン腺とアポクリン腺の治療

B型・K型治療針で、エクリン腺とアポクリン腺を電気治療します。
特殊麻酔により無痛で、両側1時間30分で終了します。
直後より日常生活が出来ます。治療直後~3週間は点状の発赤があったり、ワキをあげた際、多少ひきつれ感がある場合がありますが、その後消失します。

2 ヶ月~3ヶ月おきに、3~5回治療される方が多いです。

アポクリン腺の治療

治療はX型針で、皮フはきれいなまま電気を通してアポクリン腺を焼き、汗の臭いを充分減少させます。

特殊麻酔により治療中も治療後も痛みはありません。
片方20分で終了します。
治療後は内出血する事もありますが、2週間ぐらいできれいになります。
治療後1~2ヶ月は、腕を上げる際、ひきつれ感がある方もいます。
3から12ヶ月おきに、2~4回治療されるかたが多いです。

料金

X針治療の場合  1回 70,000円+税

ボトックス・ボツリヌストキシン注射

汗の量を減らすことができます。
神経をブロックするので、『汗を出せ』という命令が伝わらない。
=汗が出ない!
注射するだけですから、短時間で治療が済み、キズ跡も残りません。

ワキガの手術

施術までの手順

診察・予約 → 施術 →手術後のチェック
※当日診察可能(要予約)

手術の方法

腋に2~3cmの切開を行い、皮膚を裏返しにして汗腺を削り取ります。
手術時間は約30分~2時間。通院は術後、2~3日後に傷の状態を見せてもらいます。

臭いが軽度の場合は、わきが専用針と言う特別な針でアポクリン腺を電気で破壊する治療法を行います。局所麻酔後、両わき約30分で終了し、4~5回の治療でニオイがほとんどなくなります。

女性は永久脱毛と併用すれば効果はアップします。

麻酔

局所麻酔をします。

入院

必要ありません。

手術のあと

医師の注意事項は必ず守ってください。

料金

男性  300,000円+税  女性 250,000円+税
薬、検査料、術後のケアをふくみます。

多汗症の手術

施術までの手順

診察・予約 → 施術 →手術後のチェック

手術の方法

手術をする場合は1~2ケ所皮膚を切開し、皮下の組織を剥離し、アポクリン汗腺を除去します。かなりの汗の量を減らすことができます。 

永久脱毛と併用し、汗腺のみを凝固する特殊な針でエクリン腺とアポクリン汗腺を凝固破壊する方法があります。切開しないのでキズが残らないメリットがあります。
全身の多汗症には「補中益気湯」という漢方薬による治療もあります。

ボトックスを使うことで、汗の量を減らすことができます。
ボトックスが神経をブロックするので、「汗を出せ」という命令が伝わらないのです。ということは、汗が出ないということです。

麻酔

局所麻酔をします。

入院

必要ありません。

手術のあと

医師の注意事項は必ず守ってください。

料金

両脇 70,000円+税

ウエットピーリング

削って、吸い出して、保湿する。それがウエットピーリング。
ウエットピールとは、表皮のピーリングと同時に美肌のエッセンス(ヒアルロン酸やハイドロキノン)を浸透させる新しい美容技術です。
エッセンスに浸した状態でピーリングを行い、吸引するため、より高い浸透効果が得られます。